レヴィ記

まずはインコたち
先週のいい陽気の日、ご近所でドリル音がしていたこともあり
興奮して鳴き叫び、小さな水容器で水浴びを始めたので水浴びしました。
077
水浴びの時だけ、2羽出しても大ゲンカしない・・・!
とはいえ、40cmくらいに近づくと紫雨が威嚇モードになります。
076

うっかり電子温度計出したままだった、最近のボタン電池のはすぐ壊れるけど
単四電池のは10年以上持つという不思議。三匹のキボシ仔たちの夜の場所です。

そしてキボシ卵が孵化してから2週間です。
080
卵歯が取れてから・・・って、よく考えたら吸収されるわけではなく
単体でミズゴケに潜り込んでじっとしてたら全く取れないままでした。
3.4日後に浅い水場に放しました。まだついたままでした。

そこから個別にデリカップで管理していましたが、
やはり複数の方がつられて餌を食べやすいのではないかと思い
100均のタッパーに隠れ家も2つ設置して同居させて4日目くらい。
081
今日初めていない間にバスキングしてたあああ!
ここまでに、(デリカップで)脱走一回、ほかの亀にタッパーをひっくり返される事故一回。
082
去年のキボシ仔と。
本当は2.3倍くらい大きさが開いているはずなんですが。
窓際のここは、天気がいいとすごい暑くなるので、午前や曇りの日に網戸にして
紫外線をあびれるようにしています。

まだ食べている様子はないんですが、(ほとんど動かないし)
レプトミンスーパーやトリササミの水煮を極小に砕いて入れています。
仔ガメに与える時に気が付く、ササミってもろ繊維構造なんだよな。
そろそろ(あまり与えたくはないが)刺身も入れてみよう。

去年の仔は、甲羅に藻の被膜がついて、はぶらしでこすってもとれないので
今朝はとうとうカッターである程度剥がしました。
甲羅に傷をつけてはいけないのですごく慎重に。
保定がストレスになるので3~5分くらいですかね
(はぶらしでたまにこするときは1分程度)

これ親だと、カラカラに乾燥するまでバスキングしてる時にひっつかまえて
やはりカッターでぺりりっとはがしたりしますよね。
あとオオアタマのも、藻じゃないけど鯉の鱗みたいなのがわりときれいに剥がれる。

9月の台風が過ぎて、下がった気温がまた少し上がってきています。
最近の紫雨
075
先日は、肩から滑って落ちた際、
一時的に右足が開かなくなり、立てなくなってパニックになって飛んで
壁にぶつかったりと騒ぎがありました。
水不足?2時間くらい放鳥で何も食べていなかったから?普段の栄養の偏り!?
とあわてましたが、やや安定してきてからかごに戻したら、
翌日には 一応なおっていました。

普段からエサ入れをまたいでおかしな格好で休んでいる時もあり、
体重重いのがまずよくないんだろうなあ、とは思うのですが。
食べないけどカルシウム系の餌を入れたりとか、時々はネクトンMSAも
振りかけています。


カメ
079
惣菜パックに個別に入れ、ミズゴケに埋もれています。
ここで少量の水とキッチンペーパーにすると見た目は清潔だけど
必ず下に潜り込むので、窒息事故が起きそうで怖いんですよね・・

卵歯が肉眼ではよく見えない。そろそろ老眼かしら。
キボシ仔が小さすぎるからだと信じたい。
それが取れてから浅い水場デビュー、そして餌付けです。
カメ飼料に餌付くといいんですが。

48日で孵化だけど、エッグサックはほとんど吸収されていて
でっぱりはありません。のでほんとはやく水にいれたい。

夜間温度が下がりすぎないよう、気を付けています。
ピタリ適温2号をアマゾンでポチり、10数年ぶりくらいに新調しました。
冬場はトリ温室ラック(ビニールで覆いセラミックヒヨコで空気を保温)
の紫雨の隣に置き、三匹のいれものにピタリをちょっとずつ敷くイメージ。

キボシは寒さに強いんですが、食べて早く大きくなってほしいからです。


あと写真ないけど、秋のミツユビ千秋の室内犬のようなつきまとわりがすごい。
人がふっと大きな動きをすると、ダカダカダカ!と走り寄ってきます。
亀餌にくいつかず、今はパンばかり食べていますかね・・
リンゴも食べないので困った。たまにゆでキャベツは食べます。
5mm角くらいにちぎります。


そうそう、肝心の挫折したこと。
孵化しなかった残りの卵を、無精卵ぽいのから開いてみたんですよ。
まず4クラッチ目の3つ目、これは陽に透かしてもやや透明っぽいし。
なかには薄い色の黄身と水が入っていました、無精卵です。
次に3クラッチ目のうち2つ、これも無精卵。よしよし。
2クラッチ目のやつ、ちょっと上の方黒っぽくて分かんないけど・・・

死 篭 り し て ま し た  うわぁぁぁぁぁぁ・・・


残りの怪しい卵はまた埋め戻してしばらく忘れることにしました。
どのみち生きていることはない日数が経ってはいるんですが、開く勇気が。

インコの紫雨が最近、かごに戻りたがらないので、夕飯が済んでから
かごに戻しに生き物部屋に行くと
078

はうっ、キボシの卵が出ている、爆発でもした!?
昼間は変化なかったのですが、夜になって2卵が孵化したようで
下に潜っています。

3クラッチ目までが56日を過ぎて、絶望的になってたところで
入れ物が別の4クラッチ目でした。
そういえば毎年、最後のクラッチの卵だけが孵化してるんだった。

キボシ2017産卵記録
1回目 5/28 1個 ×
2回目 6/27 1個 ×
3回目 7/14 4個 ×
4回目 7/28 3個 2個孵化

48日で孵化、今年は一切保温はせず、昼間生き物たちが過ごせる程度の
弱冷房のみでしたが、
常に28度はあるような状態なので早いです。
五体満足だといいのですが。。

去年のキボシ仔は、亀らしいフンもしていなくて
たまに未消化のフンらしきものを見かけます。
甲羅が反ってきたのですが、水にカルシウムを足してもアルカリ性になりそうで
キボシはどちらかというと木の葉が溶け込んだような弱酸性のほうが
いい気がするし。(カキ殻とかあるんですけどね)
甲羅は、やわらかくはないです。

このページのトップヘ