レヴィ記

まずはリンデニー
05
直射日光・高温に当てる時間を減らして養生していたら、
こぶりの2号にも花が咲きだした。
07
これも雌株ですよね!?
雄ガチャからまだ抜けられないぜ…
余談だけど、安くてつい落としてしまったサブセッシフォリアも
40cmくらい枝が伸びたら花芽が付いた 
06

なんとなくオスっぽい。けど特に増やす気はないので見ないふり。。
動きのないキルキー4号は、冷房部屋で動き出した。いや動きすぎ。

03

なんで5本も出てくるのかな?と思ってたけど、今年は発根管理で使ったあとの
オキシベロンをさらに薄めて、根の元気がないのにかけたことがあったんだった。
そのせいもあるのか
04

2015年あたりから一度も花芽を付けたことがない、
斑入りプルメリアに花芽のようなものが・・・!
 

さて、根は生えているはずだが全然上がおっきしないメタモルファベアルート
うっかり転がしてしまい、よしついでに根を見るぞ!と出したところ
01

結局5mmくらいの元根の先にだけ、生えてきてたところなんだな・・
この1cmくらいのしの字の主根跡、邪魔で切り落としたいんだけど
切り傷を多分すぐふさがないと土に植えると危ないんですよね・・
来年の植え替えまでは我慢か。瞬間接着剤用意しておくべきか。

あとはアデニアじゃないけど、メルカリで分けてもらったフォエチダ錦が
葉っぱをいっぱいつけて、花もつけてました。
すっかり斑がぼけちゃったけど。
02



翌日追記 
猛暑もあり、花は開いた翌日には萎み気味になっていた。
サブセッシフォリアの花をちぎって、開いてみたら
結構奥の方におしべっぽい塊があって、
閉じかけたリンデリーの花に突っ込んでみたら
バフッと黄色い微粉が舞うのが見えた。

あー、本当にオバマさんの雄花も、ちぎって押し広げていれば
奥の方にはちゃんと花粉が確認できたのかもしれない。

プセウドリトス・クビフォルメの種まき、3日目くらいから
3つ発芽してきてる。
ミギ5粒も今週届く、このあたりは国内自家繁殖だから種のイキもいい
先週プセウ症候群を発症して、2種の種5粒ずつとミギの1cm/2cm迎えました
過ぎてみると、なぜそんなに欲しくなったのかちょっと謎だけど、
爬虫類の肌というかこれヤモリ肌なんやんと思った

すべての花が終わったオバタさんですが、ほとんど受粉は成功していなかった。
やはり…!雄花をぶっちぎって、めしべになすりつけるみたいな
直接的なことしないとだめなんだ!うわあああ!!

03
幸い、ひとつだけ成功しました。
だめになった雄花は2-3日で落ちるのに対して、雌花はゆっくり枯れていきました。

落ちたら分からないけど、最終的には4枚の葉が展開しそう。
茎がないので、葉の下のムレが心配です。


暴力的な暑さの中、昼~夕方の直射日光には当てないように毎日移動してるけど
室温は36度とかである。
同時期に来た3つのベアルートからのキルキーはつるを茂らせて3.2.0の花芽付き。
ただそのうち3の花芽が根元から黄色くなってきた、
ああこれはだめになってきてるなとさわるとすぐポロリと落ちたので解剖してみる。
02

これは雌株ですね
オバタさんの雌花と形はそっくりである。

この3つのキルキーのほか、事情で手放されたものが1つある。
届いたときには根っこが鉢からもげて転がり出てたけど、
根がしっかり生えてるからと植えなおして同じように扱ってきたのだけど

いやなんかもう2週間はたつのに全く何も展開してこない ね・・・ ?
なんかおかしい。
まだ今年起きてないとか、そういう感じがする。
根も生えてなかったベアルートのほうが元気につる伸ばしてるってどうなの!?

というわけでそれだけ日に当てるのはやめて、冷房の利いた室内に
移動させました。日に当てる組だと結構乾くんでよく水かけてしまうのね、
むちゃくちゃよく乾くのがメタモルファで、
届いてから全然新しいつるとか伸ばしてないけどはっぱが大きいから蒸散も多いのかな?
 01



貧弱だった根っこが、広がっていますように。
(隣が何も動きがないキルキー)

翌日追記

キルキーの3花芽でも黄ばみが見られ、軽くさわると取れた
01


花の写真をググると、先の方が白くなるのが本来だ
付け根から黄色くなるのは、暑さとかでだめになったものだと思う
室内に移しても昼間38度くらいになるからなあ
開いてみると
02



これもメス株ですかね・・?
 ラベルに♀と入れておいた
残りの2株に雄株がいるといいんだけど。
どのみち1つは花芽が出てこないし1つは蔓も出てきてないので
今年は望みなし。 


2015年前後にオクで手に入れたドラセナsp.
数年後にその正体にたどり着いてコピーしてあったtextが紛失中だけど
おぼえで書いておく。

・現地では2mくらいになる
・常緑樹(日本では冬に枯れてしまうのてある程度保温が必要)

学名も出てきたんだけど・・・今調べても出てこない
今調べると、スルクローサの品種で似た感じのものが出てくる。


なんだかんだと居間で生き延び、挿し木で増やしたりもしているが
ハイドロボール栽培に移すと死にそう(土で育った根だからかもしれないが)
それ以外では室内の低光量でも生き延びる
ぶっちゃけデスク周りの1000ルクス前後でもゆっくり育っている
春先に直射日光に当てて死にそうになって葉が痛んだ過去がある
植え替えの時になんだか地下茎?パワータンクぽいものがある(そう太くはない)
灌木っていうのか、一本から増えていく
01


淡い斑がきれい
1.2年すると目立たなくなっちゃうけど

これが1mくらいの高さになると、家人に切られてみすぼらしくなってしまうが
盛り返してきたところ

このページのトップヘ