レヴィ記

今日は天気もいいので水浴び(スミレは気が乗らなかった)

探し物をしていると、インコ関連の書類はちゃんととってありました
スミレは専門店出身だから、輸入時の控えのコピーまでも
ちなみに2003年生まれ
016

呼び鳴きもいまだに多く、瞬間湯沸かし器になって噛み付くこともあり
以前はなんども指先流血事故を起こしましたが

要するにかみつく位置に人間が手をもっていかなければいいわけで。

籠の奥に手を入れるときは必ず上の止まり木に移動させ、
籠の外での移動は決まったぬいぐるみに乗せて行っており
ここ5年くらいは品行方正です、でも朝から呼び鳴きヤメテ。
朝寝を怠惰にむさぼりたいのに!

017

紫雨は…レシートまでもとってありました、まあ高価だったからね!
アタマちゃんは2000円くらいだったしね!

あと何度も動物病院にかかって、血液検査なんかもとってある。
インコはそもそもお迎え前後に病気の検査するものだしね!
紫雨はしてなかったから、毛引きの相談に行ったときに
してもらって、結果を郵送していただいたものが。

(毛引き自体は飼い主が短期入院してショップに一週間預けた環境ショックで治った)
紫雨は1999年の6月ごろ生まれて、8月ごろ輸入されたんですよね。

気になるのは、肥満ですね…重さはかってないけど太りすぎ。
とここ10年以上は思っている。

2017キボシ仔の一頭に脱走癖があります。その個体だけ。
成功体験てやつだな!
2.3日前にも姿が消えていたんですが、さっきモリ子の前の居場所で発見しました。
その時、卵もひとつ見つけました。

11日に5つ目の卵を発見したけどそれは一回り小さく、
産み止めの最後のものだろうと思っていました。
今日見つけた卵は大きく、はじめて破損していないものです
(湿度不足でべこんと大きくへっこんでるけど)

モリ子は何年も同じ場所にいつも潜り込んでいましたが、
今年はよく移動して別の場所にもぐりんでいるんですよね。
この卵は初期に産み落としたものではないかと思います。

また秋になったらここに戻るかもしれないので、掃除しとかないと。
(敷いてある新聞紙とがみごとに細かく潜りやすくされてる)

なろう小説のタイトルですか!?

友人作タイトル「引き取り手のない王子は、池の水が全部抜かれるまで湖底に沈む」
       「庶子の王子は認知されないまま隣国に売られる」


2013年に一類になってたらしい、アタマを登録しようと
必要書類のプリントアウトとかして
懸念事項もあるし「まず電話をしろ」とどこを見ても書いてあるので
電話でお聞きしたところ、結論としては「登録できない」案件でした。

むつかしいとは思ってたけど、できないとは。


アタマちゃんは1998.3.6(の銀塩写真が最古だった)に購入して
一度も病院にかかった記録がなく、
購入時の証明ができるものもなく、
お店は10年ほど前に通りかかったらすでに更地になってたという
規制前に飼っていた証明ができない子なのでありました。

それでは飼い主がポックリ逝ったらどうすればいいのかというと、
家族(縁者?)が「相続」するか
学術的な施設に「移動」ひきとってもらうかになるそうです。
エンディングノートに書いておかないと。

まああの、爪をどうやって切るかは考えなくてもよくなったね!


追記 7/11モリ子がっつり食べた後、5つ目の無性卵をそのへんに排出 
 015 

このページのトップヘ