レヴィ記

土を味わってみたいらしい(すぐポロッと捨ててました)
057


5月18日のキボシ卵は、今日8日で51日目、
30度ちょいなのであと数日うちに孵化します(31度はやっぱり怖くて)
060
 
このヒビって、初期に小さい傷があって、卵は大きくなるから広がったみたいなものかな。
それとも実は湿度不足で、本来しっとりしている外皮が乾燥している?
土の中自体は壁面に水滴も常についてて湿度不足はないと思うんだけど
(写真のために掘り出してあるけどふだん完全に埋めてあるし、フタもしているけど)
058
 今朝の写真、黄色味をだいぶ落として。
一応水ゴケもふやかして乗せてみました。
孵化直前の卵は黒っぽくなって、中の甲羅の色が透けているみたいです。
小学生の夏休みにキアゲハの観察日記を作ったけど
羽化直前のさなぎみたいですよね。セリを数日ごとに用意するのが少し大変でした。 

第一希望・生きて生まれるといいな(孵化して2.3日で判明)
第二希望・体に不具合がでてないといいな(孵化して一週間で判明)
第三希望・メスの割合が多いといいな (2年くらいで判明)

ところで、先月23日に産卵した親が昨日からまた頻繁に脱走するようになったんですが…。


どこから脱走しているんだろうと思っていたフロリダですが、
60cmのアミをクライミングしていたことが発覚。上のほうにビニールを貼り付けました。
059


インコが心置きなく水浴びできる季節。
074

スミレがいつも籠の中の写真なのは、紫雨と同時放鳥できないからです。
実際は一日2-4時間くらい放鳥しています。
073

紫雨17年、スミレ13年。
pionusはそれほど力の強いインコではありませんが、やはり
安心して手や肩に乗せられるのはメスの紫雨です。

一日一回の挿餌終わり頃から育てたスミレでも
3.4歳くらいからは突然キレて噛み付いてくることがあるので、
直接腕に乗せたり肩には乗せなくなりました。
移動は大きいぬいぐるみに乗せて運びます。

それも10歳くらいからはだいぶ落ち着いてくるのですが
例えば急に体が不安定になったとか、身の危険を感じた時に
それでも紫雨は本気で噛み付いてくることはまずありませんが
スミレは噛み付くと思います。

今はインコ系のコミュニティ付き合いもなく、飼育の話をすることもありませんが
もし手乗りの性別を相談されたら、メスを薦めます。
ただ、メスでも気の強い個体はいるし、卵関係の病気と無縁では過ごせません。

あと、どうしても仲のよい(手乗り)pionus同士を愛でたいという場合は
短い期間の間に迎える必要があります。
同じお店で一緒に育ったものなら完璧だけど、それは同腹でもありますしね。

スミレと紫雨も最初の2年くらいは、スミレが嫌われても後をついてまわって
ほのぼのしていたのですが、
幼い舎弟がいつまでも姉の横暴を許せるわけではありません。 

すでにスミレがいる状態で、いかにもおとなしく手乗り崩れの吹雪を迎えた時には
今度こそ仲良くなると思ったのですが
吹雪がおびえて騒いだ、その一回でスミレは相手に興味を無くしてしまいました。
男心は難解です。。

6月の半ばから、再びキボシメスが脱走しはじめました。
それでもずっと水中産卵で済ませてきたのでそのうちあきらめるだろうと
思っていたんですが、
確実に卵をもってる様子なのに産まないので心配になり、
21日夕方、なにか土のあるところに・・と
バケツにためてあったプ○ミアム培養土の上に置いて
水をかけて軽くふたをして暗くしておきました。

ごそごそと動く様子もなく数時間が過ぎて夜になり、
そろそろ洗って水場に戻そうかなと持ち上げたら
おしりから白いものが顔を出しているところでした・・・!うわあすまん。

戻したらぽろりと卵を産み落としました。
050

そこからしばらく放置しておくと、今度は短時間の間に2卵。

051
 
生まれたときの卵は一部小さくぺこっとへっこんでいました。、
これは産卵前に一時的に腹甲のおしりのところが普段よりだいぶ開いて
こんな大きな卵が通れるのですが、それでも大きくてちょっとへこむみたいです(直ります)。
052

 キリフキで洗ってから、孵卵容器に埋めました。
これは翌々日の昼なので36時間くらい経ったところかな、白濁が進んでいます。
 053

5/18の卵たちはどれも生き生き。ヒビのはいったこの卵も、
ヒビが広がってる気がしますが、中身はにじんだりしてないみたい。

054

産卵前後のメスは相当グッタリしてて、溺れないかと何度も確認しましたが
夜中には顔を見て、エサを欲しそうによってくるそぶりを見せました。
翌日は炭酸カルシウムをつけたササミやカメ餌を何回かに分けてやや抑え気味に。
今年はネクトンMSAも時々まぶしています。(インコと共用)
D3とかミネラルがはいってるやつですね。
055

影の薄いオス。
メスが8歳くらいから無精卵を産み始めて、若いオスを迎えて
(静岡のJRSで見るからにオスばっかりの中から抜いてきた)
時々一緒にするのも1.2年後からで
去年の初の有性卵までに3.4年かかっています。
(ずっと一緒に飼っていればもっと早くかかるけど、特に急がなくてもいいかなって) 
056

キボシはF1のメスが残っていたから相手を用意したけど
手持ちがオスばかりのアメハコやオオアタマは、数年計画で相手を用意するのが
ちょっと厳しいですね(そもそもメスを抜けないYo…!)
フロリダハコがメスになったらと思っていたけどこれもオスに育ってしまって。

キボシはまあ殖えても狭いケージでストレスなく暮らしてくれるので
殖えすぎて困るくらいいてもいいっすよ。

ついったーでも時々さえずっています(ゲーム用垢だけど)
しかしハッシュタグつけたところで、モリンガとか商用ツイートばっかりで
なんか世界が違う感。

どっちにしてもPC作業で、写真は毎回コピペしてソフトで加工するので
Exif情報とか漏れる心配も全くありません(それでいいのか?という気もするけど)

*ついったとFBに直接上げる画像は、位置情報は自動的に外される
*Exifに位置情報は含まれていない
というのはこの後で学びました

その間に、Exif情報を確認してみようとして、あまり使わないカメラのSDに
アクセスしたとたん読み取りできなくなって復旧ソフトを買わされるというオチも。
このSDカードは去年買ったsandiskの16Gの結構いいやつ(速い)なんですが
ソフトで中を開こうとしてデータが消えるのは2回目っす。
SDカード怖いな・・! 

SDカード復旧ソフトの体験版でプレビューまで確認したところで
「ここから先は買ってね!そしたらすぐに復旧できますから!」
という展開には笑ってしまいました。そりゃここまできたら払うよね。 
たまに役立つペイジー(かなり日本向けにしてあるけど海外ソフトだった) 

6月になりました。
5月18日から暖めているキボシの1クラッチ目の卵3つ

幸い肌寒い日が続いているので、
ありあわせのもので温度は敷き紙を増やしたり減らしたりの手動調整
しかし本日、サーモスタットと予備の最高最低温度計が届きました。
049

作りがおおざっぱなので、土の中と上で1~2度違ってくるんですが。
全体を大きな箱に入れてもっと密封性を高めないと。

サーモはコトブキとニッソーで迷ったけど、とりあえず安いほうを2つ。
10数年前は300Wサーモでも70w~300wとかでヒーターに反応しないので
選択の幅が狭かったのですが、
最近のは1Wとか2Wからオケなんですね。

温度計も新しく買って、狂いを確認しましたが
 0.1度程度の違いなので古いのでも大丈夫そう。
048
卵は半日で白濁も始まり、いかにも生きてる感じはするのですが
ひとつに傷がついて広がっていて気になる。ここからカビるかもしれない。

予定では6月はじめまで30度で高温、そのあとは少し温度を落として
早すぎる孵化を助長しないようにしたいのですが
(母親はきっちり30~31度で50日以下で孵化してて問題ないので
 そんなにこだわるわけではないのですが)

夜中など温度が上がりすぎるよりはと、日によってはヒーターを切っていたので
結局26度~31.5度くらいの幅で暖めています。

ホンカクテキな温度管理は2クラッチ目からということで。
今日からはサーモをつないで30度キープの予定。

047
フロリダは完全復活しています。


インコさまはちょっと発情期。
スミレはよくドスンと床に飛び降りて、人の足指を追いかけます。
(卵の色合いをより正確に撮るためにやや明るい色とびモードに切り替えました)
072

紫雨も巣作りしたい感じ。
071

先日、肩に止まっていた紫雨が急に足が吊ったらしく
いつもぶつぶつつぶやいているのがピタッと返事をしなくなり、
片足が開きにくくなってる感じでした。

心配しましたが、部屋が寒かったせいもあるのか
保温した籠に戻して一晩たつと元にもどってつぶやきも戻りました。
体重が重すぎるんですよね・・orz


植物は20日くらいだっけ、とうとうベランダに全部出しまして、
オルトラン様を使いました。さよならアブラムシとミカンコナカイガラムシ・・・!
効き目はバッチリで劇的に虫がいなくなりました。
殺虫剤の類はできるだけ避けたいけど(Gも氷殺ジェット使用です)
春と秋くらいには使うべきですかね。冬の室内がはびこらせてしまうんですよね。

次回は近々にというか今日、イポメアとアデニアを3種種まきの予定
しかし昨日の昼に水に種をつけておいたのですが
ツリーモーニンググローリーの方は膨らんで外郭がパカッ!と全部
割れてしまってるんですが大丈夫なのか!?
残りの2種は亀甲竜みたいなコーデックスです。

あ、昨日ポリアコンデンサータのゴマつぶみたいな種を蒔いてベランダで
あったかくしておいたんですが、
一時間後に見るとミツユビに無残に引っ掻き回されて土の大半が外に・・!
うわあああ種がどこにいったかも分からない!

今期はとりあえずこの4種、あとモリンガ・ヒルデもすごい力強い苗が面白いので
やってみるかなー、殻が固そうだけど穴あけてからなのかな?
 

このページのトップヘ