レヴィ記

2月といったら、蒼角殿。
オクで落としてから一年、一回り大きなタマネギになりました。
12月からしばらくつるは枯れていましたが、今年のつるが出てきました。
24

スミレにむしられた、アマゾンの芽も伸びています。

25

あと斑入り源平カズラで、2Fでベランダに出していた方は
冬に全て葉を落として、棒っきれになっていたのですが
ネコヤナギのように新芽を出し始めています。

1Fの居間でぬくぬく室内にいた方はほとんど落葉もしておらず、
しかし新しい芽も出していません。(去年は花もつけず)
一度落葉させないといけないんでしょうね。


冬の間窓際で、つるを斑入りデイゴから天井の電気のひもに伸ばしていたサチャインチ。
普通に支柱にまきつかせていたつるは枯れてしまったので、部屋の上の方の
暖かい空気が必要なのかなと放っておきましたが
低かった日差しがだんだん高くなって、窓際に近づけないと
日中の日差しを浴びれないので、
ほどいて日に当たりやすい感じに這わせました。
26

枝分かれしたつるがどんどんでています。

スミレ「撫でてなでてー」
067

昔は、気を抜いているとこの状態からいきなり首を回して本気で噛み付いてきたもんでした。

069

紫雨は構って欲しくないときは、次第に強く噛んでくるので、
そうなる前にひっこめるんですが。(筆毛が多いときなどは嫌がる)
068

写真とってないけど、窓際につってるリネアリスは冬の間に1つだけ花を咲かせていました。
あと外にほとんど出してないのに、アブラムシが少しついてて
透明なオレンジなんですよね。
サチャインチにも少しアブラムシはついてて、それは普通に緑色で、
これって同じ種類のが汁の色で体の色が違うのか、全く別の種類なのかな?
 

前提として、インコ飼いが思いを馳せるフルーツにレッドパームというものがある。

pionusとか、ヨウム(南米とアフリカだけど!?)飼いの人は
野生のインコがついばんでいるらしいパームになぞらえて、
カロチーノなんかの無精製パームオイルを
なんとか与えようと思う。
(そして多くの場合挫折するんじゃないかな・・・) 

話変わって、人間の健康ブームのスーパーフルーツにデーツがある。
これはナツメヤシの実を干したもので、美容や健康によいという。

というわけで、インコにデーツあければいいんじゃね!?

しかし似て非なるこの二つの物体。
調べてみると、多分野生のpionusが齧っているのは熱帯産のアブラヤシの実、
これは今マレーシアなんかでゴムの木の代わりに植えられてパームオイルが
作られているやつ。カロチーノもこれが原料。

ヨウムがかじっているのはたぶん、サバンナとか乾燥気候のナツメヤシの実。
(これはよく調べていないので妄想です)
これがデーツで、大きさなど違う数種類が食卓に並んだりソースに入ってたりする。

でもまあ、どっちも多分似たようなものに違いない。
というわけで、アメリカ産の大型のマジョール・デーツをポチる。
065
ひとつぶが梅干二つ分くらいはある。
これを差し出してさあ故郷の主食フルーツだよ懐かしいだろう、と言っても
そもそもアジアの繁殖場で生まれ育ったであろうブリードのインコたちは
見たこともない気がする。

人間用なので、食べてみると味は干し柿そのもの、もっと柔らかい感じ。
 066

 小さく切ってスミレがついばめるようにして置いたけど
おもいっきし怪しんでいて近づかない。

まあ毎日干しパパイヤだかマンゴーと、ノンオイルビルベリーは食べているので
まぜておけば多分口にするとは思う。酸味がないので好かれない気はするけど。 

お、おまわりさぁぁ-ん!!

22

スミレの再犯です!

063

なぜアマゾンばかり目の敵にするんだ。
せめて隣のブラジルを剪定してくれー

23

安心してください、次の芽吹きが始まってますYO!
ハダニには弱いけど、ほんとに生命力は強いな・・・。


えーとトリカゴを新調するのに、1月に早速ケージの現物が多く置いてある
三好フラワーセンターのペット館にスマホのナビで行ってきました。

事前にもいろいろとネット通販を調べて候補を絞ったのですが
ここで実物をさわって、一番原型に近いGB手乗り375をひとつ。
064


もう5cm程度なら大きいものでもよかったのですが、
この2つは奥行き以外はほぼ同じです。
止まり木の高さも全く同じなので、年寄りのインコが上り下りするには
慣れた高さでいいのではないかと。

しかし実は幅がわずかにGBのほうが狭いのです。
つまり止まり木に手を加えないといけません。
どうせなら新しい止まり木にしたいし、HOEI用ので
18cmと25cmのかな?買ってきたので溝を深くしたりして
手を加えないと使えません。
のこぎりはないんですけど、電気ドリルならあるからそれで広げるか。

もともとサンワの止まり木も15cm径かそこらのものなんですが
体重の重いpionusにはちょっと細いことを大昔に獣医さんに指摘されて
(15年くらい前・・・)
紫雨の出身店、キクスイは当時は生体販売もしていたので
トリカゴに合わせた太い止まり木をその場で作ってくれたんですよね。

062

ステンレスのトリカゴも考えたんですが、カメ用のステンレスバットが野外で
ひと夏で酸化するのも見ているので、ステンレスだから一生キレイとも思えなくて。
あと、ステンレスケージはどれも大きくなるのでラックに収まらないという。

サンコーのイージホームバード37ステンレスなんか、安いしいいんですが
なんというか下の方の空間が個人的には無駄でその分高さが9cm高くなるのが。
つまり下の段の止まり木の位置が床から高いんですよ。
尻尾の長い中型インコには必要なのかもしれませんが。

一月終わりの厳寒を過ぎて、またモリイシが水場に浸っているようになりました。
出してあるカメエサも時々ペロリと平らげています。
036

インコ用なんだけど、年始にネクトンMSAを入手、爬虫類用でもあるので
カメのえさにも時々振りかけています。
D3を過剰に摂取させるのが怖いので長年避けてきましたが、
カメは炭酸カルシウムでいいとしても(それももう7.8年前のなんだけど!)
うちのインコがカキ殻やボレー粉とか、イカの甲とか全く無視なので。


このページのトップヘ