古い知り合いの方が亡くなったと、お知らせをいただきました。

私がネットを始めた頃は、ちょうどカメを飼い始めた頃でもあって
熱帯魚雑誌の1コーナーに時々載っている程度でした。
知識的には小学生のころに買って貰った高田氏の
「これはビックリヘビトゲ爬虫類図鑑」程度しかもっていなかったです。
今もこの本はあるのですが(昭和40年代発行)、すごく汚れてしまいました^。^;
それで市内にショップがあることを知り通って、そこでカメの本とか800種図鑑を買って
最初に迎えるカメはモリイシかキボシに決めたわけです。

そこからネットで交友も広がり、まだ数も今より少なかったホームページユーザー同士で
オフ会などもよく行われ、カメだけではなく
カエルだったりやもとかだったり、クモだったり・・・
そういうものを愛してやまない人たちと酒を酌み交わして話すこともよくありました。
ペットショップめぐりをしたり、東京、大阪、愛知、福井、京都と
いろいろなお宅におじゃまして泊めていただいたりもしました。

くだんのMさんは、クモを溺愛していて、知識も広くて、
また次第にクモ以外の生き物にも興味を持ってどんどん吸収していく
バイタリティある自由人でした。
クモの交接がいかにロマンチックか、酒の席でよく聞かされました(笑)

もう10年くらい、会ってはいないのかな?
今も子供たちと現代の大人たちに、自然のやさしさ厳しさを教える活動に
忙しく燃えておられたのですね。

交通事故で亡くなられたそうで、とても残念に思います。
それと、彼が一緒に暮らしていたであろうご家族とおそらくたくさんのクモたちは
どうなるのだろう・・・というのも気がかりです。

わたし自身、何かあったら家族にはペットをどうすることもできないと思うし
昔、短期入院するときにあずけにいってもらったショップにインコは連れて行かれるでしょう。
(3羽のうち2羽はここの出身)
カメに至ってはなあ^_^;
爬虫類ショップには家の人を連れて行ったことはないですよ・・・><刺激がw

まあ夜にこんなことを考えていても仕方がないです、
Mさんのご冥福をお祈りします。