6月の半ばから、再びキボシメスが脱走しはじめました。
それでもずっと水中産卵で済ませてきたのでそのうちあきらめるだろうと
思っていたんですが、
確実に卵をもってる様子なのに産まないので心配になり、
21日夕方、なにか土のあるところに・・と
バケツにためてあったプ○ミアム培養土の上に置いて
水をかけて軽くふたをして暗くしておきました。

ごそごそと動く様子もなく数時間が過ぎて夜になり、
そろそろ洗って水場に戻そうかなと持ち上げたら
おしりから白いものが顔を出しているところでした・・・!うわあすまん。

戻したらぽろりと卵を産み落としました。
050

そこからしばらく放置しておくと、今度は短時間の間に2卵。

051
 
生まれたときの卵は一部小さくぺこっとへっこんでいました。、
これは産卵前に一時的に腹甲のおしりのところが普段よりだいぶ開いて
こんな大きな卵が通れるのですが、それでも大きくてちょっとへこむみたいです(直ります)。
052

 キリフキで洗ってから、孵卵容器に埋めました。
これは翌々日の昼なので36時間くらい経ったところかな、白濁が進んでいます。
 053

5/18の卵たちはどれも生き生き。ヒビのはいったこの卵も、
ヒビが広がってる気がしますが、中身はにじんだりしてないみたい。

054

産卵前後のメスは相当グッタリしてて、溺れないかと何度も確認しましたが
夜中には顔を見て、エサを欲しそうによってくるそぶりを見せました。
翌日は炭酸カルシウムをつけたササミやカメ餌を何回かに分けてやや抑え気味に。
今年はネクトンMSAも時々まぶしています。(インコと共用)
D3とかミネラルがはいってるやつですね。
055

影の薄いオス。
メスが8歳くらいから無精卵を産み始めて、若いオスを迎えて
(静岡のJRSで見るからにオスばっかりの中から抜いてきた)
時々一緒にするのも1.2年後からで
去年の初の有性卵までに3.4年かかっています。
(ずっと一緒に飼っていればもっと早くかかるけど、特に急がなくてもいいかなって) 
056

キボシはF1のメスが残っていたから相手を用意したけど
手持ちがオスばかりのアメハコやオオアタマは、数年計画で相手を用意するのが
ちょっと厳しいですね(そもそもメスを抜けないYo…!)
フロリダハコがメスになったらと思っていたけどこれもオスに育ってしまって。

キボシはまあ殖えても狭いケージでストレスなく暮らしてくれるので
殖えすぎて困るくらいいてもいいっすよ。

ついったーでも時々さえずっています(ゲーム用垢だけど)
しかしハッシュタグつけたところで、モリンガとか商用ツイートばっかりで
なんか世界が違う感。

どっちにしてもPC作業で、写真は毎回コピペしてソフトで加工するので
Exif情報とか漏れる心配も全くありません(それでいいのか?という気もするけど)

*ついったとFBに直接上げる画像は、位置情報は自動的に外される
*Exifに位置情報は含まれていない
というのはこの後で学びました

その間に、Exif情報を確認してみようとして、あまり使わないカメラのSDに
アクセスしたとたん読み取りできなくなって復旧ソフトを買わされるというオチも。
このSDカードは去年買ったsandiskの16Gの結構いいやつ(速い)なんですが
ソフトで中を開こうとしてデータが消えるのは2回目っす。
SDカード怖いな・・! 

SDカード復旧ソフトの体験版でプレビューまで確認したところで
「ここから先は買ってね!そしたらすぐに復旧できますから!」
という展開には笑ってしまいました。そりゃここまできたら払うよね。 
たまに役立つペイジー(かなり日本向けにしてあるけど海外ソフトだった)