前回載せ忘れていたんだけど
29
 2月に葉が出たのにそのまま枯れてしまった翡翠のタマネギ様が、
一年待たずに復活なされました・・・!

根にミカンコナカイガラムシがまだ入っているんじゃないかと、
春に外に出して オルトラン様をまいて水を2.3日たっぷり与えて
それからは日陰で水を与えずにおいたのですが、
一度皮が腐り始めてつるりと剥けて、
そのまま2月までもつかなーと思っていたら、ある日枯れた葉の横から緑の葉が!

あっというまにそれが伸びました。
というか「葉」ではないですねこれ。いきなり「茎」か? 
今は日の当たるベランダで、タマネギ部分には日よけをかぶせています。



写真撮ってないけど、容器、床材を一新した孵卵ケースに、
キボシの望みのある5つの卵を埋め替えました。
先日の7/18の卵2つは、上半分白濁で、まだ有精卵かどうかわかんないです。

一ヶ月経っている6/21の卵3つは、特に大きくなってはいないけど
上は不透明な白、下は赤っぽいものがうっすら透けて見える感じでした。
想像ですが、上に本体、下にエッグサック、
下のほうがしっとりぬれているから透けて見えるみたいな?

床材は昔使っていたバーミキュライトにして、濡れ具合が分かりにくいので
水はケース下に少したまるくらい入れて、ビニールで密封しました。
どうせほぼ毎日ビニールを開くので。

土に深く突っ込んでいたサーモのゴムの感知部分先端が、破損しているみたい^^;
でも最高最低温度計2本で温度は確認していたので、別に暴走したことはないです。