年が明けましたが、写真は12月のなので。
086

すくすく大きくなる2017キボシたち。
きれいなお店で売ってるような品質です(自画自賛)。
087
よく肥えています。手足の付け根には白い藻というか水カビっぽいのもついてます。
イシガメだから仕方ない。
085

2016仔の写真は撮れてないけど、一回り小さく、大きさの差も開いてきています。
ひっくり返すとぜい肉はむちむちついてて、
甲羅の成長が止まってるというか遅いみたい。反っているし。
一口の餌の大きさが、片や3ミリ、かたやメダカの餌みたいなけし粒サイズですしね。。

母カメが秋に、何度も脱走して忍び込んだオスに手足を噛まれて
傷の治りも遅いので、12月は昼間暖かい別の部屋に一人で置いていました。
やがて昼夜の温度差が大きくなって、よくないと思ったので
もとの居間のオスのケージ隣に戻したのですが
今の季節は、ひなたぼっこしたり、水底に沈んで寝ていたり
食欲はないですね。
若いころはかなり寒くても餌を食べたがったものですが。
(注・若いころ・・・3歳~12歳くらいのころ)
ミツユビ2頭(19歳) も衣類や布団にもぐりこんで寝ています。
インコたちと同じ生き物部屋のオオアタマ(20歳~) ・フロリダ・モリイシ(7歳?) は
温度がやや高い部屋なので、モリイシ以外は時々食欲が出て暴れます。
モリイシは、ファンヒーターつけてると出てきて当たったりします。