まずはリンデニー
05
直射日光・高温に当てる時間を減らして養生していたら、
こぶりの2号にも花が咲きだした。
07
これも雌株ですよね!?
雄ガチャからまだ抜けられないぜ…
余談だけど、安くてつい落としてしまったサブセッシフォリアも
40cmくらい枝が伸びたら花芽が付いた 
06

なんとなくオスっぽい。けど特に増やす気はないので見ないふり。。
動きのないキルキー4号は、冷房部屋で動き出した。いや動きすぎ。

03

なんで5本も出てくるのかな?と思ってたけど、今年は発根管理で使ったあとの
オキシベロンをさらに薄めて、根の元気がないのにかけたことがあったんだった。
そのせいもあるのか
04

2015年あたりから一度も花芽を付けたことがない、
斑入りプルメリアに花芽のようなものが・・・!
 

さて、根は生えているはずだが全然上がおっきしないメタモルファベアルート
うっかり転がしてしまい、よしついでに根を見るぞ!と出したところ
01

結局5mmくらいの元根の先にだけ、生えてきてたところなんだな・・
この1cmくらいのしの字の主根跡、邪魔で切り落としたいんだけど
切り傷を多分すぐふさがないと土に植えると危ないんですよね・・
来年の植え替えまでは我慢か。瞬間接着剤用意しておくべきか。

あとはアデニアじゃないけど、メルカリで分けてもらったフォエチダ錦が
葉っぱをいっぱいつけて、花もつけてました。
すっかり斑がぼけちゃったけど。
02



翌日追記 
猛暑もあり、花は開いた翌日には萎み気味になっていた。
サブセッシフォリアの花をちぎって、開いてみたら
結構奥の方におしべっぽい塊があって、
閉じかけたリンデリーの花に突っ込んでみたら
バフッと黄色い微粉が舞うのが見えた。

あー、本当にオバマさんの雄花も、ちぎって押し広げていれば
奥の方にはちゃんと花粉が確認できたのかもしれない。

プセウドリトス・クビフォルメの種まき、3日目くらいから
3つ発芽してきてる。
ミギ5粒も今週届く、このあたりは国内自家繁殖だから種のイキもいい
先週プセウ症候群を発症して、2種の種5粒ずつとミギの1cm/2cm迎えました
過ぎてみると、なぜそんなに欲しくなったのかちょっと謎だけど、
爬虫類の肌というかこれヤモリ肌なんやんと思った