02


ちょっと前に正体不明種・マダガスカル産実生アデニアとして
2種類、6個くらいがオクに上がったんですよ。
ちょっと葉が複雑に割れかけたり斑が入ったりしてる蔓性のやつと、
銅葉の直立型、後者はほぼ争わずに落とせました。写真がそれです。

ステイローサかエピゲアでも入っているのか、
どちらでもないにしても銅葉になるのは
ひとつ欲しかったし。

届いてから調べ始めたら、これって
Adenia cladosepala なんじゃないかなと思いました。
・10年くらい前にも種が出回っている
・つるは今出てないが後から出るのかな?
・とても生育が早くてガンガン上に伸びるらしい
・マダガスカル産
・灌木でも塊根でもない(100年くらい経てば立派な根にはなる)
まあ庭で暴れてるトケイソウの耐寒種クリアースカイだって、10年足らずで
5cmくらいの太さの根っこが飛び出しては地面に潜るみたいなことしてるし
いつのまにか一部に派手な斑が入ったりしてるしな!
02

茎は太くて、種も大きかったんだろうなあと思わされますが
根元が細くなってて、なんかグラグラしてる。
01

葉の赤みは次第に抜けそうだけど、葉脈の赤はわりと残ってるので
はっぱ鑑賞にはわりといいのではないでしょうか。
マイナー種として、サブセシみたいに一つは押さえておくみたいな。
01
翌日画像 一日で若芽が銅葉に。


これを調べるのに、アデニアのいろいろな若木を探していて
現地球はよくあるのに意外と幼い写真が出まわってない
ものもあるなあと思いました、スピノーサとか。
いくつか種が出回っているものも育ててみようかな。
でも冬の管理ががが。


秋にはオバタさんの種と、サブセッシフォリア×リンデニーの
(かかっちゃったよ!)取り蒔きもしないとだし、
(春まで種がぶら下がってるようなら持ち越す)
01

ディギタータも来る、スチノダクチラも発根しはじめてる。
リンデニーとキルキーはオス株が来るまで止められない!

恐ろしいのはアデニアのほとんどは毒があるので
冬の生き物部屋でインコさまがかじらないよう、
どう日に当てつつ保護すればいいのかなというところです。


もう数日で割れそう
02


後日追記
画像で調べてる時は、クワ科のフィカス・ペテオラリスにそっくりで
腋も見えないし、ほんとにアデニアなのかなと思ってた!
ペテオラリスの種買えそうなんで、これも育ててみようと思う
(発芽するかな・・そして冬越しか!)