レヴィ記

カテゴリ: カメ

大寒が過ぎ、寒い時期です。
今の時期は昔の暦では「ふきのとうが花咲く」で、月末のころになると
「にわとりはじめてとやにつく」鶏が卵を産み始める時期ですが
紫雨の発情は、2日ほど前から始まりました。

紫雨は羽の羽変わりがやや遅いので、筆毛が痛くてここ週間イライラ気味でしたが
筆毛が減ってきたかな・・・と思ったら
地面におりて観葉植物の土を食べはじ・・・ぐぼぉっやめろぉぉ!!
発情期が始まりました。目が離せません。
078
スマホのシャッター音にハッとする紫雨

一応、とり用のミネラル飼料はちょくちょく取り換えて浅いエサ入れに
出してあるのですが全くついばまれません・・

狭いところに入りたがったり、入ると狂暴化したり、
体の匂いが強くなります。
オスのスミレはピオナス匂って感じがしますが、
メスの紫雨はこの時期になると黒糖のような甘いにおいが混じります。
079
天気のいい日の午後、ニンジンを食べているスミレにスマホを向けると
おびえて飛んで行ってしまったの図



キボシ仔達を、暖かい天気のいい日は20分ほど強制乾燥しはじめました。
088
体の大きさの開きが・・!
2017は、最初に買った小型シェルターにそろそろひっかかるようになり
一回り大きいのを買ってきました。
あまり大きいと脱走の足掛かりになってしまうのでむつかしい。

年が明けましたが、写真は12月のなので。
086

すくすく大きくなる2017キボシたち。
きれいなお店で売ってるような品質です(自画自賛)。
087
よく肥えています。手足の付け根には白い藻というか水カビっぽいのもついてます。
イシガメだから仕方ない。
085

2016仔の写真は撮れてないけど、一回り小さく、大きさの差も開いてきています。
ひっくり返すとぜい肉はむちむちついてて、
甲羅の成長が止まってるというか遅いみたい。反っているし。
一口の餌の大きさが、片や3ミリ、かたやメダカの餌みたいなけし粒サイズですしね。。

母カメが秋に、何度も脱走して忍び込んだオスに手足を噛まれて
傷の治りも遅いので、12月は昼間暖かい別の部屋に一人で置いていました。
やがて昼夜の温度差が大きくなって、よくないと思ったので
もとの居間のオスのケージ隣に戻したのですが
今の季節は、ひなたぼっこしたり、水底に沈んで寝ていたり
食欲はないですね。
若いころはかなり寒くても餌を食べたがったものですが。
(注・若いころ・・・3歳~12歳くらいのころ)
ミツユビ2頭(19歳) も衣類や布団にもぐりこんで寝ています。
インコたちと同じ生き物部屋のオオアタマ(20歳~) ・フロリダ・モリイシ(7歳?) は
温度がやや高い部屋なので、モリイシ以外は時々食欲が出て暴れます。
モリイシは、ファンヒーターつけてると出てきて当たったりします。

多分今年最後の台風?がかすめて去っていきました。
そろそろ寒くなり、灯油を買ってきてファンヒーターも使っています。

2017キボシ仔らは、何の問題もなく毎日食っちゃ出しています。
083
一応寒い日にはピタリ適温、寒い夜はひよこで保温してるビニール温室の
インコの隣で、21-30度程度にあたためています。
084
2016キボシは、たまに大きい餌を飲み込むこともできます。
なんだろう、絶妙に弾力がある、目玉焼きの黄身とか、水煮した豚肉とか。
えっ飲み込めるじゃん!?と驚かされることがあります。
でもほとんどの1mm以上の大きさの餌は、何度も吐き出しては飲み込みます。

また最近は、0.5mmくらいの粒を続けて飲み込むこともできるようになり、
最初の一年は摂食障害というのか、
食欲はあるのに餌が取れなくて大きくなれなかったけど、少しずつ
大きな餌が食べられる機会が増えてきました。

「冬が越せないかも…」「長生きできないかも…」と心配した一年でしたが
寒さに強いキボシということもあり、食欲が落ちることもありませんでした。
(それなりに保温はしていますよ)
ただ、来春には今年の子と大きさが逆転しそうです。
すでに頭の大きさなんかは同じくらいなんですよね。

市販の仔ガメの餌は、毎年買っては誰も食べないのでw
もう仔カメの餌付けにはちょっとお高いけどレプトミンスーパーで
いいんじゃないですかね。
これを砕いて目の前に落としています。
1分くらいたつと匂いがなくなるのか、反応しなくなります。
余談ですがインコも妙にこれ食べたがるんですが・・
成分をみると高たんぱく、低脂肪、エビカルシウムたっぷり(リンも多そうだけど)
衛生的によくはないけど、悪い成分じゃないんだよね。

あと、たけぐしは必須。
なぜか竹ぐしはどんな仔ガメもすぐ食べ物と結び付けて近寄ってくる。
ごく初期に人影や手を怖がっても、竹ぐしで与えれば寄ってきますよ~

今日はインコの写真もとろうとしたけど、スミレが異様にスマホ(の手帳カバー?)
を怖がって叫んで逃げ回るので断念。
鳥の目には変な色に映るのかもしれません。
紫雨は、スマホやカメラを好きではないけどおびえて逃げることはないのですが。


あと、ここのブログにはメッセージ機能がついていますが、
近々廃止になるそうです。
このブログからメッセージをもらったことは一度もないので
今後もないとは思うけど。

まずはインコたち
先週のいい陽気の日、ご近所でドリル音がしていたこともあり
興奮して鳴き叫び、小さな水容器で水浴びを始めたので水浴びしました。
077
水浴びの時だけ、2羽出しても大ゲンカしない・・・!
とはいえ、40cmくらいに近づくと紫雨が威嚇モードになります。
076

うっかり電子温度計出したままだった、最近のボタン電池のはすぐ壊れるけど
単四電池のは10年以上持つという不思議。三匹のキボシ仔たちの夜の場所です。

そしてキボシ卵が孵化してから2週間です。
080
卵歯が取れてから・・・って、よく考えたら吸収されるわけではなく
単体でミズゴケに潜り込んでじっとしてたら全く取れないままでした。
3.4日後に浅い水場に放しました。まだついたままでした。

そこから個別にデリカップで管理していましたが、
やはり複数の方がつられて餌を食べやすいのではないかと思い
100均のタッパーに隠れ家も2つ設置して同居させて4日目くらい。
081
今日初めていない間にバスキングしてたあああ!
ここまでに、(デリカップで)脱走一回、ほかの亀にタッパーをひっくり返される事故一回。
082
去年のキボシ仔と。
本当は2.3倍くらい大きさが開いているはずなんですが。
窓際のここは、天気がいいとすごい暑くなるので、午前や曇りの日に網戸にして
紫外線をあびれるようにしています。

まだ食べている様子はないんですが、(ほとんど動かないし)
レプトミンスーパーやトリササミの水煮を極小に砕いて入れています。
仔ガメに与える時に気が付く、ササミってもろ繊維構造なんだよな。
そろそろ(あまり与えたくはないが)刺身も入れてみよう。

去年の仔は、甲羅に藻の被膜がついて、はぶらしでこすってもとれないので
今朝はとうとうカッターである程度剥がしました。
甲羅に傷をつけてはいけないのですごく慎重に。
保定がストレスになるので3~5分くらいですかね
(はぶらしでたまにこするときは1分程度)

これ親だと、カラカラに乾燥するまでバスキングしてる時にひっつかまえて
やはりカッターでぺりりっとはがしたりしますよね。
あとオオアタマのも、藻じゃないけど鯉の鱗みたいなのがわりときれいに剥がれる。

9月の台風が過ぎて、下がった気温がまた少し上がってきています。
最近の紫雨
075
先日は、肩から滑って落ちた際、
一時的に右足が開かなくなり、立てなくなってパニックになって飛んで
壁にぶつかったりと騒ぎがありました。
水不足?2時間くらい放鳥で何も食べていなかったから?普段の栄養の偏り!?
とあわてましたが、やや安定してきてからかごに戻したら、
翌日には 一応なおっていました。

普段からエサ入れをまたいでおかしな格好で休んでいる時もあり、
体重重いのがまずよくないんだろうなあ、とは思うのですが。
食べないけどカルシウム系の餌を入れたりとか、時々はネクトンMSAも
振りかけています。


カメ
079
惣菜パックに個別に入れ、ミズゴケに埋もれています。
ここで少量の水とキッチンペーパーにすると見た目は清潔だけど
必ず下に潜り込むので、窒息事故が起きそうで怖いんですよね・・

卵歯が肉眼ではよく見えない。そろそろ老眼かしら。
キボシ仔が小さすぎるからだと信じたい。
それが取れてから浅い水場デビュー、そして餌付けです。
カメ飼料に餌付くといいんですが。

48日で孵化だけど、エッグサックはほとんど吸収されていて
でっぱりはありません。のでほんとはやく水にいれたい。

夜間温度が下がりすぎないよう、気を付けています。
ピタリ適温2号をアマゾンでポチり、10数年ぶりくらいに新調しました。
冬場はトリ温室ラック(ビニールで覆いセラミックヒヨコで空気を保温)
の紫雨の隣に置き、三匹のいれものにピタリをちょっとずつ敷くイメージ。

キボシは寒さに強いんですが、食べて早く大きくなってほしいからです。


あと写真ないけど、秋のミツユビ千秋の室内犬のようなつきまとわりがすごい。
人がふっと大きな動きをすると、ダカダカダカ!と走り寄ってきます。
亀餌にくいつかず、今はパンばかり食べていますかね・・
リンゴも食べないので困った。たまにゆでキャベツは食べます。
5mm角くらいにちぎります。


そうそう、肝心の挫折したこと。
孵化しなかった残りの卵を、無精卵ぽいのから開いてみたんですよ。
まず4クラッチ目の3つ目、これは陽に透かしてもやや透明っぽいし。
なかには薄い色の黄身と水が入っていました、無精卵です。
次に3クラッチ目のうち2つ、これも無精卵。よしよし。
2クラッチ目のやつ、ちょっと上の方黒っぽくて分かんないけど・・・

死 篭 り し て ま し た  うわぁぁぁぁぁぁ・・・


残りの怪しい卵はまた埋め戻してしばらく忘れることにしました。
どのみち生きていることはない日数が経ってはいるんですが、開く勇気が。

このページのトップヘ